【速報】 平成26年度 福岡市 太陽光発電 補助金のお知らせ


福岡市の平成26年度「住宅用エネルギーシステム導入補助募集」のお知らせです。

※くわしくは、福岡市のホームページをご覧ください。 http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/ondan/life/enesys-hojo.html


■募集期間と補助額

募集期間 補助枠(円)
H26年4月1日からH27年2月2日まで 1億4千50万

 


■補助金額

1.単件補助対象システムの補助金額

対象システム 補助金額
住宅用太陽光発電システム(★集合住宅に限る※1)

1KWあたり3万円

(千円未満切り捨て)上限30万円

家庭用燃料電池(エネファーム) 1件あたり10万円
リチウムイオン蓄電システム 機器費の1/3(上限20万円)
HEMS(ヘムス) 機器費の1/3(上限5万円)

(※1)発電設備出力が10KW以上で全量配線の場合は、停電時に自立運転により非常用電源として活用できるシステムであること。

 


2.複合補助対象システムの補助金額

※HEMSを同時に導入することが条件。下記組合わせのほか、3種類以上の組み合わせによる複数機器の同時導入も可能。

対象システム 補助金額
HEMS+住宅用太陽光発電システム 1件あたり10万円
HEMS+家庭用燃料電池(エネファーム) 1件あたり20万円
HEMS+リチウムイオン蓄電システム 機器費の1/2(上限30万円)

 


 平成25年度からの主な変更点

H25年度までの補助事業の内容から大きく変更になっておりますので、あらかじめ変更点及び提出書類等をご確認の上、申請してください。

変更事項 変更内容
住宅用太陽光発電システム

1)戸建住宅に住宅用太陽光発電システムを設置する場合は、HEMS(ヘムス)設置が条件となりました。
(集合住宅に住宅用太陽光発電システムを設置する場合は、HEMS(ヘムス)設置の条件はありません)

(2)集合住宅(※)の住宅用太陽光発電システム設置の補助が増額されました。
 (※)集合住宅:分譲共同住宅もしくは賃貸集合住宅

(3)10kW以上の住宅用太陽光発電システム設置で、全量売電の場合も補助対象となりました。ただし、自立運転機能が条件となります。
 

家庭燃料電池
(エネファーム)

家庭用燃料電池(通称:エネファーム)の募集時期が通年となりました。
その他

補助対象の機器が増えました。
 ・リチウムイオン蓄電システム
 ・HEMS(ヘムス)