施工事例

外壁塗装の「目地出し工法」|福岡市城南区七隈N様邸


施工前・before
s-IMG_8268
arrow
施工後・after
s-IMG_3912

IMG_3745
s-IMG_3691
s-IMG_3894

●画像をクリックするとビフォ➝アフターへ。

  • 目地出し工法
  • 外壁:日本ペイント/パーフェクトトップ(ラジカル制御系)
  • 屋根:日本ペイント/ファインパーフェクトベスト

●工事中の様子は、ブログで公開してます!

以前からお世話になっておりますお客様宅の屋根・外壁の塗り替えの工事です。

塗装の現地調査の際に発覚したのが、外壁サイディング部の不良でした。

すでにサイディングが反って、浮いてきている箇所が数か所あり、足場を架けたあとに、大工が外壁を一部解体しての調査からスタートしました。

結果、外壁サイディングを固定するための「引掛け金具」が取付けされていないことが原因でした。

また、タイル調のサイディングを一般的に塗り替えする場合は「ベタ塗り」となり、せっかくの意匠が損なわれてしまいますので、

今回は、当社お得意の「目地出し工法」にて施工させて頂きました。

赤身のあるレンガ面と、目地のグレー色が、はっきりとしたコントラストとなり、とても良い感じに仕上がりました。

この「目地出し工法」、とても大変な手間がかかりますが、とてもご満足いただける仕上がりとなりますので、タイル調、レンガ調の外壁サイディングのお客様はぜひ、ご検討されてみてください!