失敗しない太陽光発電

 太陽光発電のプロが教える!「失敗しない、施工業者の選び方。」

太陽光発電の急激な普及に伴い、太陽電池やパワコンなどの製品の性能は上がり、
国の施策通り設置費用が下がってきたことは大変喜ばしいことです。

 

しかし、最近では徹底して安さを追求するあまりに、施工の経験や技術・技能が伴わない業者による、
ズサンな設置計画や、手抜き工事、雨漏れ、発電不良などが、社会問題になっています。

雨漏りする天井太陽光発電工事による雨漏りについての新聞記事

 

とは言っても、一般のお客様にとっては、価格以外の判断基準が分かりづらいために、
どこの会社を選んでいいかわからないので、
「同じような内容なら、安いほうが得だろう」となってしまうようです。

そこで、価格以外の判断材料をもっていただくために、施工業者選びのポイントを3つにまとめました。

1.必ず、複数の業者から「相見積もり」を取りましょう。

ご近所の工事の挨拶で・・と近寄ってくる訪問販売、イベント、チラシなど、業者の方から太陽光発電の勧誘してきた場合は特にご注意ください。

そして、モニター価格、キャンペーンなどで射幸心を煽られて、契約を急かされても絶対に即決してはいけません。
必ず、2社以上の業者から見積りを取り、対応、説明、内容、金額などを総合的に比較しましょう。

しかし、5~6社もむやみやたらに相見積もりを依頼するのは判断材料が多すぎ、混乱するだけでなく、最終的に依頼するのは1社ですから、断わる時に困ってしまいますので、3社程度が理想的でしょう。

太陽光発電 押し売り新聞記事 

2.工法・工事について、納得がいく説明を受けましたか?

どこのメーカーのシステムを選ぶかよりも、どういう工法で、どんな工事を行なうかがとても重要です。

もちろん、施工事例が多い業者の方が、情報の蓄積や経験も豊富で、様々な事例を紹介できるはずです。
特に、屋根上での設置工事や配線工事など「見えない部分」で、手を抜く心無い施工業者がたくさんいます。
実際の施工事例の工事工程を、具体的に見せてくれる業者は 間違いなく安心できます。
工事の詳細について説明ができないような会社との契約は見合わせることが賢明です。

屋根工事イメージ

3. 地域密着型の地元の業者ですか?

とにかく、お互いに近いことは、良いことずくめです。
太陽光発電の設置後にトラブルが起こった場合、すぐに駆けつけてくれる販売店が理想ですし、実際に発電状況の確認や、定期点検ができるのはやはり近くの施工店でしょう。
どんなに遠くても、県外などはあり得ませんよね。

また、各メーカーの施工研修を修了し、自社でメーカー認定の施工IDを保有しているかを確認しましょう。
もしそうでなければ、設計、施工は下請けに丸投げする営業販売だけの会社も数多く存在します。

太陽光発電だけに目が行きがちですが、オール電化の工事や、屋根の塗装や防水工事、瓦の工事や仮設足場などの付帯工事も伴う場合がほとんどですので、住宅や建築、建設について総合的なスキルが高い技術系の施工店が最も安心できます。

屋根作業風景

上記の3つのポイントを押さえたうえで、最終的には見積り金額で比較されることをオススメします。

ただし、綿密な施工計画と、高い工事品質であれば、「激安!・格安!・最安値!」の見積り金額などということは絶対にあり得ませんので、金額の安さだけに惑わされないようにご注意ください。

最後になりますが、

『高かろう、悪かろう。』では最悪です。

『安かろう、悪かろう。』でもダメです。

価格は、高過ぎでもなく、安過ぎでもなく、結局は、工事が終わった後で、

「良かろう!」と思える施工店とのご縁がありますように。